HOME > 家庭の電灯契約メニュー

家庭の電灯契約メニューを理解する

自家消費から売電へ

一般家庭の電灯契約メニューは、主に次の3種類に分けられます。

  1. Eライフプラン(3時間帯別電灯)
  2. タイムプラン(時間帯別電灯)
  3. 従量電灯B(10A〜60A) または 従量電灯C(kVA)

関連サイト 中部電力

どの契約をしているか確認しましょう。 共通していえることは、発電しているときは節電を心がけ、自家 消費している電力を少しでも減らし、売電量を増やしましょう。自家消費は太陽光発電の電気を自給しているので、その分電気代がかからない訳ですが、その経済的メリットは、17〜32円程度(契約メニュー等による違い)です。 売電にまわせれば、1kWhを48円または 自家消費は太陽光発電の電気を自給しているので、その分電気代がかからない訳ですが、その経済的 42円で買ってもらうことができます。 どちらがお得か一目瞭然です。

2の契約をしている方は、電力会社から電気を購入する場合 1kWhの単価が1日の時間帯によって変わってきます。 深夜の時間が安く設定されています。 家事等ではタイマー機能を活かして電気代の安い時間帯にシフトすることで 1kWhあたり10円以上の経済メリットが得られます。検針票で契約種類を確認し(裏側に料金等の詳細が記載されていることもあります) 得をしてください。

1日の発電電力量と消費電力量
このページTOP