自然エネルギー発電を推進、建設するNPO法人信州松本アルプスの風

HOME活動報告一覧>詳細

11月度
全体事業
第2回 松本市島内小宮地区にて「小宮水と緑を守る会」と連携によるマイクロ水力発電実証試験を行いました。 掲載日2009/11/16

JPEG イメージ66.9 KB

水路に設置する水車
日時 平成21年11月13日 午前9時 〜 正午
場所 松本市島内小宮地区
概要

 
     

第2回 松本市島内小宮の「小宮水と緑を守る会」さんとの連携により、小宮地域農業用水路管理利用の一環としての用水路発電の実証試験を行いました。使用水路は前回と同じですが、今回は0.25mの落差を利用し、中掛け水車の改良機と導水板を設け行いました。 使用水量は約63g/秒にて 13Wのエコ電球4個点灯させました。その時の電圧はAC87V、発電機の回転数は262rpmでした。まだ専用設計機ではなくエネルギー利用にロスが大きいですが、予想以上の結果が得られ、今後が楽しみです。

添付資料  
JPEG イメージ63.8 KB JPEG イメージ63.7 KB JPEG イメージ73.3 KB
導水板を設置し、水路幅から水車羽幅まで先端を絞ります。 導水板と水車の設置が終わりいよいよ発電を開始。 導水板と水車の微妙な距離で発電量が大きく変化します。
JPEG イメージ70.3 KB JPEG イメージ72.6 KB JPEG イメージ72.6 KB
ベストポジションにて13Wエコ電球(白熱球60W相当の光量)が4個点灯しました。 試しに150ΦのVU管を1本導入すると面白い結果が得られました。 最後に皆で水車を囲んで記念撮影をしました。来たれ若人よ!
活動報告一覧

< BACK  LIST TOP  NEXT >

Copyright(C)2006 NPO法人信州松本アルプスの風 All Rights Reserved.